Affiliate

Google AdSense:『ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります』警告されたら対処する

ada.txt

アフィリエイトがすっかり安定しているので、そろそろ次の一歩を踏み出すべく、いじくっていたらアドセンス広告に警告が出ていました。いきなり『ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります』と言われましても、頼まれていないから含めてません。

とりあえず解決したので、メモします。

グーグルの言い分

久しぶりに、アドセンスサイトに訪れたら、こんな警告が出ていたからビックリです。

AdSense 向けの ads.txt を作成する。
Google を自サイトの広告枠の認定販売者として宣言する場合、次のように ads.txt を作成します。

①テキスト ファイル(.txt)を作成します。

②ファイル内に次の 1 行を含めます。
google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0
重要: 「pub-0000000000000000」の部分はご自分のサイト運営者 ID に置き換えてください。

③作成した ads.txt を、ドメインのルートレベル(例: https://example.com/ads.txt)でホストします。ルートレベルとは、Public Suffix List に記載されたドメイン名の 1 つ下のレベルを指します。たとえば「google.co.uk」は「co.uk」のルートドメインですが、「maps.google.co.uk」はそうではありません。詳しくは IAB の ads.txt 仕様書をご覧ください。

なるほど、なるほど、フムフム・・・。
私がバカなのか、あなたがアホなのかというところでしょうか。

そもそも、どうしてグーグルって分かり辛い仕組みなのに世界一なのでしょうかね。
特にSNS作りは下手だなぁと思ってしまいます。

翻訳コンニャク

①テキスト文を書く

②FTPにて①をアップロードする

③警告が消えたか確認する

こんな意味のようです。

①テキスト文を書く

サイドバーより『アカウント』へ入ります。

『アカウント情報』⇒『サイト運営者ID』⇒『pub-』に注目。

このような文字列を作成します。

『pub-』後ろの『0000000000000000』に『サイト運営者ID』を代入します。

メモ名を『ads.txt』で保存します。

②FTPにて①をアップロードする

FileZilla

FTPソフトか、サーバーのコントロールパネルを使用します。
今回は『FileZilla』を使います。

左がローカル、右がサーバーです。

左から右へ、ファイルをフォルダ内にドラッグすればコピー完了です。
今回は任意サイトの『public_html』の中へ『ads.txt』を投げ込めば完了です。

③警告が消えたか確認する

曜日のタイミングにもよりますが、数日中には結果が出ます。
上記のように何も表示されなくなったら、今回の件は終了です。

やってしまえば、大した内容ではありませんが、全てを文字で説明すると分かり辛いですね。

アフィリエイトの審査

アドセンス広告も含め、アフィリエイターの絶対数が増えているのか、最近は審査が厳しくなったように思います。しかし、登録を済ませ数記事ブログを書いても、その大半が放置して消えて行く業界なので、続けていれば必ず生き残れます。YouTubeも全く同じなのですが、なぜか世間では難しいとされているようなので、裏を返せばチャンスであること間違い無です。

丁寧に、人の為になる記事をコツコツ書く。
それだけで、一定の金額が保証される訳ですから、やらない手はありませんよね。

-Affiliate
-, , , , ,

© 2020 MiyabiyMo Studio