Windows

Windows10:『内蔵SSD・HDD』外付けハードディスクへ自動バックアップ

Macには『Time Machine』という、現状をバックアップする便利なシステムがあります。最近のWindowsはどうなのかと思ったら、さすがに進化していました。

今回は、もしもの時に後悔しない、パソコンデータの自動保存設定をメモします。

3つのバックアップ方法

最近ではオンラインストレージが普及しているので、データ消失の深刻さは昔より軽減しているように感じます。それでも写真や動画は二度と撮れないので、仕組みを作ってしまいましょう。

回復ドライブ

以前はリカバリーディスクが付属しましたが、現在ではUSBメモリで作成します。

システムイメージ

OSや設定も丸ごと全て保存し、あの時のあの状態に戻せます。

バックアップ

指定したドライブやフォルダを保存します。

チョイスは人それぞれですが、バックアップはもしもの時用なので、基本使わないことを考えると『システムイメージ』までは要らない気がします。パソコンが壊れちゃったら新しく買いますが、その時には色々、変わってると思いますし。

なので今回は『回復ドライブ』と『バックアップ』の2つを行います。

『回復ドライブ』リカバリー

USBフラッシュメモリー(32G)を使用します。
最近は安いので助かります。

『スタート』横の検索へ『回復ドライブ』と入力します。
『回復ドライブの作成』へ入ります。

『システムファイルを回復ドライブにバックアップします。』チェックを入れる。

USBポートにメモリを刺すと、自動検出されます。
『16GB以上』とあるので、32Gのフラッシュメモリで正解でした。

少々、時間が掛かります。
最後に『回復ドライブの準備ができました』と出たら完了です。

メモリは、大切に保管しましょう。

フォルダ指定バックアップ

created by Rinker
ロジテックダイレクト
¥9,980 (2020/12/01 15:57:18時点 Amazon調べ-詳細)

外付けハードディスクは、いつもこれを使っています。
10年以上使い続け、一度もトラブルを経験していません。

『スタート』横の検索へ『バックアップ』と入力します。
『バックアップの設定』へ入ります。

『ドライブの追加』から任意のHDDを選びます。

すると『ファイルのバックアップ』を自動的に実行が『オン』になります。

『その他のオプション』へ入ります。

データ保存はフォルダ単位で、除外も可能です。Cドライブの『プログラムファイル』など、システムを動かす部分は必要無いので、単発データのみを選びました。

『概要』で時間や期限を選べます。
急がなければ、お任せで大丈夫です。

設定後、時々チェックすると容量が増えて行くので、自動動作を実感出来ます。今回は3Tを用意したので、しばらくは大丈夫なはず。いっぱになった頃にまた、考えます。

『バックアップ対象のフォルダー』は、Cドライブに限らず、D以下のSSDやHDDも選択可能です。必要事項のみ、細かく設定出来るのは嬉しいですね。

Windows10:『自動バックアップ』使用してデータをピンポイントで修復する方法

Macには『Time Machine』という便利なバックアップがありますが、Windowsにも同様のシステムが組み込まれ ...

バックアップデータからの復元方法は、直接データではなく、Windowsの機能から行います。
詳しくは、上記リンクで説明しています。

-Windows

© 2020 MiyabiyMo Studio