Computer

『Samsung 980 M.2』&『PHISON PS5012-E12』スピード測定と罠

M.2,980,samsung

Windows11へのアップデートでクリーンインストールを強いられた為、この機会にディスク構成を改めることにしました。それで定番の『Samsung 980 M.2』を導入したので総合的にベンチマーク測定を行った結果、発覚した罠がありました。

『PHISON PS5012-E12』は早かったはず

PHISON,PS5012,E12

メインPCは、ドスパラゲーミングの『GALLERIA』です。『Cドライブ』担当は『PHISON PS5012-E12 512G M.2』なので、1Tにしたいなぁと考えておりました。それで『Samsung 980 M.2 1T』を購入したのですが、ベンチマークを回してみると大差無いことが分かり思いの外『PHISON PS5012-E12 512G』が早かったので、そのまま使用することにしました。

ただ後々知ったのが、マザーボードの『M.2』スロットによってスピードが変わるという事実。このマザーボードはスロットが2つなので、取り付ける際に入れ替えたような気がします。

これにより『Cドライブ』の速度を低下させてしまいましたが、体感出来るほどではないので今回はスルーしています。

気休めヒートシンク

外付けSSDとして別途『M.2』を使用していますが、結構、熱を持つんですよね。

マザーボードに取り付けた場合、風の当たらない場所だと心配なので気休めに、ヒートシンクを取り付けてみました。既に意味無し情報があるので期待してはいませんが、見栄えが良いと『冷える気分』になれるのです。

AutCreation,ヒートシンク

パーツは、こんな感じでとてもきれいな赤です。

メス側のヒートシンクに、サーマルパッドフィルムを張ります。

AutCreation,ヒートシンク

M.2の端子の出具合を気にしながら乗せます。

AutCreation,ヒートシンク

オス側のヒートシンク裏面に、、サーマルパッドフィルムを張ります。

合体。

改めて、端子の出具合確認します。

AutCreation,ヒートシンク

とても、格好良くなりました。
普段は、見えませんが・・・。

『Samsung 980 M.2 1T』も乗せる

こちらが、安定・安全・安心の『Samsung 980 M.2』です。

雰囲気が既に、優秀そうです。

今回は編集スペースとして『Dドライブ』で活躍してくれます。

Samsung,980

ヒートシンクに収まりました。

AutCreation,ヒートシンク

グラボを挟んで、上が『PHISON PS5012-E12』で、下が『Samsung 980 M.2』です。冒頭で書きましたが『M.2スロット』によって速度が変わるという話。『GALLERIA』購入時は、下が『PHISON PS5012-E12』でした。

改めてベンチマーク測定

基本的に起動ディスクが早い方が良いので、理想を言えば同じメディアで構成した方が簡単ですよね。

今回使用の2枚の性能は、ほぼ同じくらいの認識ですが、最終的にスロットによる速度低下測定となってしまいましたね。定番ストレージ用のベンチマークソフトウェア『CrystalDiskMark』を使用して測ります。

PHISON PS5012-E12(Cドライブ)512G

こちらは『1G』設定での計測。

こちらは『64G』設定での計測。
早い方のスロットであれば『3500Mbps』ほど出ていたような気がします。

『Samsung 980 M.2』(Dドライブ)

こちらは『1G』設定での計測。

こちらは『64G』設定での計測。
理想的な数値で、これなら4K動画もサクサク動きますね。

今回発覚した失敗の対処法は『M.2』のスロット入れ替えからの、起動ディスク変更ぐらいで済みそうです。もし今後、速度的に不満が出るようなら実施したいと考えております。

-Computer
-, , , ,

© 2022 MiyabiyMo Studio