WordPress

WordPress 5.8:ブロックはエラーの影響を受けており正しく機能しない可能性があります

wordpress,5.8

WordPressを『5.8』へアップデート後『ウィジェット』の設定変更をしようとしたら、エラーが出てしまいました。『ブロックはエラーの影響を受けており、正しく機能しない可能性があります。詳細は開発ツールを確認してください。』とのこと。

今回は、これの直し方メモです。

原因は『ブロックエディター』

ウィジェット

『設定』⇒『外観』⇒『ウィジェット』と進めると、画面が赤くなってしまいました。

ブロックエディター

どうやら『WordPress 5.8』から管理が『ブロックエディター』に変更されたようです。これにより、使用テーマの状態では影響を受けるようですね。

よって完全解決は、テーマのバージョンアップ待ちとなる訳です。

プラグインで対策

ビックリしないように、ワードプレスが対策を出してくれます。
ただ、イマイチ分かり辛いし怖いので、一旦、落ち着きましょう。

『ブロックウィジェットへようこそ』ってことは『バージョンアップで、ウィジェット機能をブロックエディター方式に変更したけど、テーマ側が対応させてないなら使えないよ。テーマのバージョンアップまで時間が掛かるだろうから、とりあえずプラグインで機能を無効化しておいてくれ』という意味になります。

よってこれは、一時的な対策となる訳ですね。

Classic Widgets』

Classic Widgets

『プラグインを追加』のキーワードで『Classic Widgets』と入力し、インストールします。

Classic Widgets

プラグインは、忘れずに『有効化』しましょう。
やることは、これだけで完了です。

再び、ウィジェットへ行くと、今まで通り設定変更が可能になりました。

今後やること

今まで、WordPressが『Twenty Twenty-One』というデフォルトテーマを強くススメて来る印象があったのですが、今回のことで納得出来ました。テーマ販売事業もITビジネスの一環ではありますが『BtoC』や『BtoC』に留まらず『CtoB』も有り得るので、色々と面倒くさそうですよね。もはや『ダッシュボード』の『サイトヘルスステータス』でも項目の一つになってるぐらいですからね。

  • 使用テーマが対応したら、テーマのバージョンアップ
  • Classic Widgets』の削除

ワードプレスの次回アップデート辺りで、テーマ側のバージョンアップを確認してみることを、おススメ致します。あと、なるべくシンプルに使いたいので『極力プラグインは入れたくない』と考えています。

なので対応したら、削除ですね。

-WordPress
-, , ,

© 2021 MiyabiyMo Studio