DTM

DTM:『EZ bass』インストール

EZbass

メロディーは出るけど、ベースの付け方が分からないという方は多いはず。勿論、私も分かりませんが『EZ bass』に聞くと提案してくれるんですよね。今回は、そんな頼もしいベースプラグインのインストール方法をメモしておきます。

『EZ bass』は『TOONTORACK』

Toontrack
Toontrack

Sounds and software for songwriters and music producers.

www.toontrack.com

前回の記事でインストール方法を紹介した、シンセサイザーの『SERUM』同様『SONICWIRE』へ行きがちですが『EZ bass』はです。この辺りが、DTM業界の難しいところかも知れません((+_+))

TOONTORACK

それさえ分かってしまえば大丈夫なんですが、1つ特徴があったのでメモしておきます。
とりあえず、トップページ右上の『マイアカウント』から『私の製品』へ入ります。

サイトとアプリ両用

TOONTORACK,ログイン

ログインするだけで、情報が残っているので楽ちんです。

TOONTORACK,マイページ

既に『EZ bass』がスタンバっています。

任意の製品のボタンを押してダウンロードしてインストールの流れですが、プラットフォームアプリもあるので、どちらからでも管理出来ることが『TOONTORACK』の特徴です。まぁ、逆に言うと分かり辛さを生む原因かも知れません。

『Toontrack Audio Sender』のインストール

『TOONTORACK』製品を今後も購入しそうならば、入れておいて損は無いでしょう。
OSを選んで、ダウンロードします。

『Toontrack Audio Sender』インストールします。

いつも通り『Next』で進めます。

Toontrack Audio Sender

「Finish」でインストール完了です。

Toontrack Audio Sender

アプリから、任意のプラグインをインストールして下さい。

サイトからインストール

TOONTORACK

アプリを使わず、サイトから直接ダウンロードしてみます。
ご自身の環境に合ったバージョンを選択しましょう。

こちらも『Next』で進めます。

頑張ってます。

「Finish」でインストール完了です。

『Ableton Live』から確認

『Ableton Live』の『プラグイン』欄から確認しましょう。
ちゃんと『Toontrack』フォルダの中にいて、認識されていますね。

EZbass

立ち上げると、ログインを求められます。
もう、疑り深いですなぁ( 一一)

EZbass

無事に使えるようになりました(^^♪

-DTM
-, ,

© 2022 MiyabiyMo Studio