DTM

DTM:『SERUM』シンセサイザーのインストール

serum

若い頃は不快に感じていたシンセサイザーのビビビビ音も、大人になると、その深みが分かって来ます。今回は大人気のソフト音源『SERUM』のインストール手順をメモ致します。

『xferrecords』からインストール

XferRecords.com | Home of the Xfer Records VST Suite
XferRecords.com | Home of the Xfer Records VST Suite

xferrecords.com

何となく『sonicwire』なのかなぁと思ってしまいがちですが、インストールは『xferrecords』からです。正直、音楽メーカーとか分からないので、久しぶりのインストールで迷子になります。

トップページ右上から、ログインします。

『SERUM』のインストールはサイトに辿り着けさえすれば、とても分かりやすいです。左側にシリアルナンバーが入力されています。『See Available Downloads』をクリックします。

serum

下に、OSごとのダウンロードファイルが表示されます。
また、バージョンアップなども、ここから入手出来るようになっています。

ダウンロードしたら、ダブルクリックでインストールしましょう。

『Next』で進めます。

xfer

難しいことは無いので、直ぐに終わります。

こちらは『Ableton Live』のプラグイン欄です。
無事に認識されたようです。

serum

起動すると最初だけ『シリアルナンバー』の入力を求められます。

serum

これでまた、楽しいシンセサイザー生活が始められますね。

-DTM
-, , ,

© 2022 MiyabiyMo Studio