APP

Windowa10:『Greenshot』スクリーンキャプチャ日本語対応超便利アプリ

Greenshoto

画面キャプチャ方法はいくつかありますが、自由度に特化した使いやすいアプリとなると疑問が残ります。今回は日本語対応でショートカットキーを変更出来る『グリーンショット』を紹介致します。

スクリーンショットの悩み

解説ブログの必需品と言えば、画面キャプチャですよね。勿論、Windows自体にも備わっている機能ですが、下記の条件が揃わないと使い辛さを感じてしまうものです。以前は『One Drive』の機能で完結していましたが、勝手にフォルダをいじる性質がある為、アンインストールしました。

  • 全体・アクティブウィンドウ・一部切り抜き
  • 保存フォルダの統一
  • ショートカットキーの設定

『Greenshot』のインストール

Greenshot
Greenshot

Greenshot - a free screenshot tool optimized for productivit ...

インストールは簡単なので書く必要は無いのかも知れませんが『日本語化』の内容を含むので、一応。

『.exe』を実行すると言語選択がありますが、残念ながらこの中に日本語はありません。
とりあえず『English』を選択して進めます。

確認事項が出るので『Next』で進めます。

全く読めませんが、規約ですね。

こだわりのある方は、保存先を指定して下さい。

おっと、出ました。
ここで『日本語』を選択します。

これはショートカットの場所ですね。

『Install』で実行されます。

無事にインストールされたら『Finish』で閉じます。

『Greenshot』の日本語化

通常の開くタイプとは違い、タスクマネージャー右下のインジケーター駐在型です。
開くとまだ英語なので、日本語化から始めます。

『Preference』をクリックしましょう。

上部バーを『General』であることを確認し『Applicashon Settings』から『日本語』を選択します。
『OK』で確定し、一旦アプリを再起動すると反映されます。

『Greenshot』の詳細設定

日本語化されたので、後は好みに合わせれば良いのですが、一応、ポイントだけ記載致します。

上部バーから『キャプチャー』を選択します。
『キャプチャー』内の『マウスポインターもキャプチャ』の有無を選択します。

上部バーから『出力』を選択し『出力ファイルのデフォルト設定』⇒『保存場所』を選択します。
ここで、参考までに私の設定を記載致します。

  • 『全画面キャプチャ』をWindows標準機能の『Win + Print Screen』
  • 『アクティブウィンドウキャプチャ』を『Greenshoto』の『Alt + Print Screen』

よって出力保存フォルダはWindows標準に揃え『Pictures\Screenshots』としています。

『画像フォーマット』は『jpg』です。
『品質の設定』は加工する前提なので『100%』としています。

上部バーから『一般』を選択し『アプリケーションの設定』⇒『GreenshotoをWindowsのスタートアップに登録』にチェックを入れると、PC起動時にバックグラウンドで動いてくれます。『ホットキー』から各キャプチャのショートカットキーを決めます。ここで『Winキー』は使えないので、前項で説明した通り、Windows標準キャプチャ機能と併用しています。

上部バーから『撮影後の操作』を選択し『撮影後の操作を毎回選択する』のチェックを外します。ここにチェックがあると、いちいち確認を求められてしまい非効率です。

下の項目では『ディレクトリに保存』へチェックを入れます。ここで言う『デフォルトの保存先』とは、上部バー『出力』枠の『出力ファイルのデフォルト設定』で指定した保存先です。

ここまで設定するとショートカットキーを押すだけで、スクリーンキャプチャをストレスを無く保存することが出来ます。

-APP
-, ,

© 2021 MiyabiyMo Studio