APP

Thunderbird:メッセージフィルター機能で『Yahoo!ダイレクトオファー』を撃退する!!

Yahoo!ダイレクト

Yahoo!サービスは、スマホのソフトバンクも含め、長年利用しています。その中で『Yahoo!ダイレクト』メールだけは、迷惑と感じてしまうのです。今回はメールアプリの『Thunderbird』を使い、極力ストレスを減らす対策を紹介致します。

『Yahoo!ダイレクトオファー』は停止出来ない

まともな会社のダイレクトメールは通常、配信停止が可能です。しかし『Yahoo!ダイレクトオファー』については、サービス利用が前提となっている為、解除することは出来ません。また、当然ですがブラウザの『迷惑メール指定』もダメです。ならばと『Thunderbird』の迷惑メール振り分けを行いましたが、こちらも効果無し。

そんな理由で『メッセージフィルター機能』を使うことにしました。

『メッセージフィルター』の設定

『Thunderbird』のメニューバーより『ツール』⇒『メッセージフィルター』を選択します。

『対象アカウント』から任意のメールアドレスを選択し、右側項目から『新規』で『フィルターの設定』画面を表示させます。

フィルター名

自分が分かりやすい名前を付ける。

フィルターを適用するタイミング

ソフト動作をトリガーとしての実行イミングを決めます。起動時にメール受信を行うので、それだけでも良さそうですが、一応『定期的、10分ごと』にもチェックを入れました。

動作条件

『Yahoo!ダイレクトオファー』のメルマガは絶対に読むことは無く、タイトルを見た段階で削除するので『差出人』か『本文』に含まれていることを対象としています。ちなみに無いとは思いますが、仕事のクライアントからのメールにキーワードが含まれていれば、適用されてしまうので、それぞれの環境に合わせて選ばなくてはなりません。今回は『いずれかの条件に一致』としました。

条件は項目右側の『+・-』で追加・削除が行えます。

以下の動作を実行する

『メッセージを移動する』からフォルダーを選択します。ワンクッション必要であれば『ごみ箱』が安全かも知れません。
『OK』で登録完了です。

『今すぐ実行』などで、動作確認して終了です。
これで、多少のストレス軽減になりそうですね。

-APP
-, , , ,

© 2021 MiyabiyMo Studio