Computer

Bluetoothキーボード:折り畳み式タッチパッド付き『iClever IC-BK08』レビュー

IC-BK08

サブ機の立ち位置で使用する『iPad mini』は最高で、ブログの文章入力は基本こちらで行っています。今回、タッチパッドの付いた折り畳みタイプに乗り換えたので、使い心地をレビューしたいと思います。

折り畳み式タッチパッド付き『iClever IC-BK08』レビュー

『IC-BK08』の外観

昔の超合金を思い出させる、変身型のキーボードです。

とても綺麗な外装で、触り心地も良い感じ。

上からは、こんな見た目。

充電端子は、アンドロイド系です。
Type-Cじゃないのが、残念でした。

まずは、左から。
ちなみに、どちらから開いても大丈夫です。

はいっ! 完全に開かれました。
特長であるパッドは右側にあって、マウスの左右ボタンもちゃんと付いています。

裏側はこんな感じ。
折り目の上下に滑り止めらしきものが付いていますが、プラスチック寄りの素材なので普通に滑ります。

『IC-BK08』のサイズ

折りたたみ時:約159(W) × 91(D) × 18(H) mm
開いた時:約278(W) × 91(D) × 13(H) mm
本体重量:約208g

折り畳んで持った時の印象は、正にスマホです。

ピッタリサイズのケースが付いて来ました。
これに入れておけば、傷防止になりそうですね。

『IC-BK08』の使用感

文字打ちでの使い心地は、もはやパソコンです。
今一つ及ばないのは、iPad側の問題なのでキーボードには関係ありません。

トラックパッド

トラックパッド部分は、57(W) × 47(H) mmでした。
指を滑らせてみると、程良いサイズという印象です。

ポインターの動きも良い感じで、ストレスはありません。

キーボード

キーボードは『パンタグラフ式』で、もはやノートパソコンです。
違和感無く、タイピング出来ました。

キーボード配列が英字でした。私の場合、普段のPCも英字キーボード採用なので気になりませんが、記号文字の配置に慣れが必要になるかも知れません。『Fn』対応キーは青で色分けしてあるので、迷うことは無いはずです。

言語切換えは『Ctrl +Space』で、機種によっては『Win +Space』もしくは『Shift +Space』です。

電源

キーボードの開閉により、電源がオン/オフされます。
連続使用は、60時間で、充電期間は、2時間です。

ペアリング

接続はキーボードを開くとトラックパッド上の『1・2・3』番のインターゲージが3秒ほどで青色点灯し、その後、消灯。『Fn + 1番』でチャンネルが青色点滅。『Fn + C』で青色早点滅になるので、端末側のBluetooth設定から『iClever IC-BK08 Keyboard』を探して接続します。

Bluetoothは最大3台まで接続可能。

今まで何台かのミニキーボードを使って来ましたが、これは感動レベルで優秀だと思います。とにかく、場所を選ばずに空き時間で執筆出来るのが良いですよね。iosのメモアプリでオフラインでも作業出来て、Wi-Fi環境に戻ったらクラウド同期されるので、とっても快適です。

キーボード機能

キーの組み合わせで入力される、記号・動作、タッチパッドゼスチャー等の一覧です。 

文字入力

キーボード機能

システム機能

 

タッチパッド機能

-Computer
-, , ,

© 2022 MiyabiyMo Studio