Game

Steam:ゲームデータ『保存場所』の引っ越し作業

最近のゲームグラフィックは、もはや実写を思わせるクオリティーに仕上がっています。それに伴いゲームデータが大きくなるのは当然ですが『Cドライブ』に共存させるのは、もはや限界です。今回は、Steam(スチーム)データの別ドライブへの引っ越し作業についてメモしたいと思います。

SSD&HDD環境について

  • C:(SSD)500G・・・起動ディスク
  • D:(M.2 SSD)1T・・・編集素材一時置き場(仕事用)
  • E:(M.2 SSD)1T・・・ゲームや音楽(遊び用)
  • F:(HDD)3T・・・一時バックアップ

普段は仕事で動画4K編集も行う為、それなりのPCを使っていますが、それに甘んじて、ゲームに手を出しました。基本的に『C:』はWindowsのみの起動ディスクとしたかったので、SSD容量は小さめです。

『D:』は時代のおかげでマザーボードに乗せられる『M.2』を導入しています。主に編集データの一時置き場とし、完成したら『F:』へ移動後外付けHDDへミラーリング保存しています。今までゲームデータは『D:』へ入れていましたが、M.2 SSDの『E:』を追加し、データ引っ越しをすることにしました。

※それぞれの環境に応じた場所を用意して下さい。

データ引っ越し先を決める

※全ては自己責任になるので、必ずバックアップを取ります。

まずは、引っ越し先を決めます。
今回は『E:』ドライブにしました。

場所を指定してあげると『SteamLibrary』が自動生成されるので作らなくても大丈夫です。以前はフォルダ指定出来ましたが、現在の仕様はドライブ直下にしか置けないようですね。

データ引っ越しの手順

アプリを起動させ、上部バーより『Steam』⇒『設定』を開きます。

左カラム『ダウンロード』を選択し『STEAMライブラリフォルダ』をクリックします。

※上記画像では、既に追加済みになっています。

『+』ボタンで引っ越し先を追加します。

ドライブを指定して『追加』で完了です。
この後、旧データ置き場からゲームデータを移動して下さい。

色々と仕様変更されたみたい

実はこの記事『STERM』の仕様変更により書き直しています。
色々と便利になった反面、少々設定に戸惑いました(-_-)

『ストレージマネージャー』でドライブを選択すると、インストールされているゲーム一覧が出ます。これってゲームドライブ自体を複数に分けられるということで、例えば現行で遊んでいるゲームはSSD、クリアしたり飽きたゲームはHDDへという具合に切り替えられるんですよね。

ゲームのサムネイルを右クリックし『プロパティ』を選択。

すると、ここからも『インストールフォルダの移動』などが出来てしまうんです。
便利ですね~(^^♪

-Game
-, , , , ,

© 2022 MiyabiyMo Studio